FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#39【ホペイ】やっぱりかっこいい!

hopei_20120714_1
セブンオークス ホペイ 福建省北峰 ♂ 75mm

昨年部屋の片隅でブリードした♂。菌糸瓶も余り物を使いました。
コロンとした体型に内歯の重なり。やっぱりホペイはかっこいいです。
国産オオクワとはまた違った良さがありますね。
今年羽化予定のコが7頭いるので楽しみです。まだ幼虫or蛹してますが。。。

色々な方のブログを見ていると、大型ブリーダーの方たちでも能勢YGの他にもうひとつかふたつ好きな産地、思い入れのある産地を続けていることが多いですね。打倒能勢の久留米もそうでしょうし、昔ながらの川西や阿古谷、中原、城島、祖父江、、、うちの場合は敷島と福島ですね。敷島は今年もブリードするつもりです(幼虫取りにくいのですが。。。)。福島は来年の予定です。

クワガタブリーダーの人は皆さん知っていると思いますが、今更ながら2010年出版の本を紹介します。私も去年購入して読んだのですが、今日書棚の整理をしているときに、奥から出てきたので、またパラパラと読み返してしまいました。

『クワガタムシが語る生物多様性』

「人間の大胆な行為によって、ヒラタクワガタが500万年もの時間をかけて、一生懸命に自力で作り上げてきた「進化的重要単位」を、あっさりと壊してしまうのは、なんとなくもったいない気がしませんか?」

「古い日本人たちは、自分たちの生空間のなかに常に存在するクワガタムシを、森を豊かにしてくれる大切な昆虫、森の守り神であると、自然と体感したのではないでしょうか?」

科学的であると同時に、身近な人間の文化や社会の変化との関連にも言及されているので、とても親しみやすく、また最後に「まずは自分の足下の草花や昆虫から、じっくり見てみましょう」と結んでいて、非常に好感の持てる本でした。ちなみにオオクワの産地の話は出てきません。


クワガタムシが語る生物多様性 (創美社一般書)クワガタムシが語る生物多様性 (創美社一般書)
(2010/09/24)
五箇 公一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。