スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#54【ディスカス】丸3年

身の回りで色々なことが同時に動いてしまい、ゆっくりブログを書く時間がありませんでした。
ブログは滞っていましたが、いきもの達の世話はさぼらずに続けています。

そんな中でも、何回か調子を落としそうになったのがこちらです。
Discus_20121016
基本的に丈夫なのですが、ちょっと手を抜くとすぐに色が出なくなったり、pHが急降下して目が白濁してしまいます。週に2回の換水が欠かせません。

ワイルドのF1を幼魚で購入したので、元々そんなに値段の高いコではなかったし、プロや本格的にディスカスをやっている人から見たら色々欠点だらけなのでしょうが、自分的には写真のコが一番気に入っています。

頭部の赤い発色が全体に広がってくれればと思っていましたが、もう丸3歳になるので、今がベストかな。
いつかは自分でブリードして、紅月のようなディスカスを作ってみたいです。
アピストもディスカスも最後に稚魚を綺麗に育てあげる部分が難しい。毎日ブライン湧かして。
熱帯魚は中学生のときから飼っていますが、ディスカスは当時の憧れでした。ブルー系が全盛で、初めて赤いディスカスを見たときは衝撃的でした。ピジョンブラッドだったと思います。もうあまり見ないですね。

我が家には写真のワイルドF1のほかは、いわゆる品種改良ものがいます。数少ない経験上ですが、品種改良ものは水質にうるさくなく飼育難易度は高くない割に、一回調子を落とすと立て直すのが大変です。立て直せないまま、あっという間に死んでしまったこともありました。それに比べて、ワイルドの血が濃いものは、かなりの低pHを好むなど、調子を上げるのに多少の手間が掛かるし、水質が気にいらないとすぐに真っ黒になってしまったりしますが、根本的な生命力は品種改良と比べて相当強い気がします。

引退して時間が出来たら、ディスカス・アピスト・クワガタにはゆっくりじっくり取り組んでみたいなと思います。あと猛禽も飼育してみたいです。そんときはお金がないかも知れませんが。。。
スポンサーサイト

#48【ディスカス】水槽移動

いつかはアジアアロワナの藍底過背金龍(ワイルドブルーとかクレンブルーとか呼ばれている奴)を飼育したいと思っていましたが、150cm以上の水槽を置くには床下補強をしなくてはならなそうなので断念した経緯があります(そもそも生体買う算段がついていませんでしたが。。。)。
引越しのドタバタで大事にしていたアピストやシマヤッコなどを死なせてしまい、今では水槽は90cmと60cmワイドの二つだけです。ディスカス8匹を90cmに入れて、60cmワイドの方は空にしていたのですが、この3連休を使って60cmワイドに水を張ることにしました。

Discus_20120917_1
そして90cmからディスカスを移動。。。いやー、ディスカスはやっぱり美しいです。
ちょっと露出上げていますが、実際の色にかなり近く撮れたんじゃないかと思います。右下のコはもう少し赤いのですが、なかなか難しいですね。

Discus_20120917_2
ディスカスは群れを作らせると落ち着くので60cmワイドにアダルト8匹はちょうどいいかもしれません。底面白のアクリル水槽でバックスクリーンはなし(後ろの白壁?)、フィルターはレイシーのRF-60のみで、PHが下がりすぎないように、マメに換水を心がけようと思います。外部フィルターに殺菌灯も加えると完璧なのですが、今回は時間がなかったのでセットしませんでした。

Discus_20120917_3
思い入れのある魚たちなので、できれば子孫を残したいのですが、今は忙しくて稚魚を育て上げる自信がないので繁殖予定はなしです。

そして、空いた90cmに新魚を導入しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。