スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#64【オビタマ】性格

両親は、触っても、掴んで持ち上げても、何をしても怒らない性格の良い個体でしたが、、、
banded_knobtail_20130121_3
この子は持ち上げようとすると威嚇しまくりで、こころなしかダークな容姿にその性格が現れているような。。。。たしか次男(♀っぽいけど)だったと思います。

banded_knobtail_20130121_4
餌食いはとても良く成長具合は良好です。最近はあるブリーダーさんの記事を参考に、砂を一部湿らせたり、プラケの壁面に水滴を付けたりして給水するのは止めました。小さい容器に水を入れて給水しています。プラケが綺麗に保たれてなかなか良いです。
スポンサーサイト

#63【オビタマ】末っ子

なかなか成長が遅い2012我が家CBのオビタマ末っ子です。
banded_knobtail_20130121_1


2012年オビタマママは4クラッチ産んで、最後に産んだ2卵は萎んでしまいましたが、それ以外の6卵が無事に孵って、子供達も成長しています。この子は同クラッチの第5子が孵化してから1週間ハッチしなかったので、卵を手で開いて取り出しました。ヨークサックがまだ残っていて、正直ダメかなあと思っていたのですが、今の所、他の子よりだいぶ遅れながらも無事に成長しています。

banded_knobtail_20130121_2
尻尾が細いのと、バンドが欠けているのが特徴です。ハンティングが下手なので、最初の2ヶ月はピンセットで30分くらいかけて食べさせていました。今では失敗ばかりで時間は掛かるものの、一応自分でフタホシを仕留めることができるようになっています。

最近、オビタマオベビー達にミルワームを与えていたのですが、動きが食欲をそそる上に、捕まえやすいようで、ベビーを育てるのに結構便利でした。

#57【オビタマ】カモフラージュ

飼育用品をちょこちょこ買っているチャームさんで、ネイティブサンド(ホワイト)の品切れ・入荷日未定状態が続いているので、ネイティブサンド(カルシウム)を使っていました。しかし、この床材、ホワイトに比べると、手触りもザラザラしていて、粒子が粗く大きいようです。オビタマはカモフラージュの為に砂掛け行動を良く見せますが、カルシウムを使っている間は、それもしていませんでした。

今回単価は少し高めですが、ReptiSand砂漠の砂(白)を購入。ネイティブサンド(ホワイト)に負けないくらい粒子が細かくサラサラしています。

これまで余程ストレスが掛かっていたのか、これでもかと言わんばかりに砂掛け開始。頬ずりのような行動まで見せています。


ReptiSand砂漠の砂。。。なかなか気に入りましたが、ただやっぱり少しお高め。

----------------------------------------------------------------

だいぶ寒くなってきました。。。
エアコン26度管理の爬虫類飼育部屋兼書斎に飼い猫が扉を勝手に開けて出入りするので、部屋の温度が20度くらいに低下していることがあります。パネルヒーターを使っていない、リクガメ、クレスが心配なので、猫用の扉を付けるか検討中です。

また、この3連休は、1日目は家族が買い物へ行ってくれたので、ひとりでダラダラ休息(夕方ハチクラへ♪)。2日目は子供のサッカーに丸一日付き合い。最終日は家族で多摩動物公園。充実していたようで、その実、やるべきことをやり切れず少し後悔が。。。
ハチクラではリッジテールのベビーとヤング個体がいました。ピーコックやイエローヘッドの若い綺麗な個体も居て、とても惹かれましたが、しばらくはタマオかリッジテール以外は増やさない予定なので見送りです。

#53【オビタマ】ベビーのハンティング

最近ようやくYouTubeのアカウントを取ったので、前回のリッジテールに続き、オビタマベビーのハンティングの様子を動画に収めてみました。かなり上手になっていて感無量です。



今の所、毎日イエコSを2~3匹あげています。

卵の保管温度は28~30度程度でしたが、♂になるのか♀になるのか。。。2クラッチ目以降の卵は26~28度とやや低温で管理しています。本当は32度くらいで管理したいのですが、その温度で安定している場所がないので仕方なくです。

#50【オビタマ】成長

9月10日、11日にハッチしたオビタマ兄弟(1号、2号?)はフタホシSSサイズを追いかけるようになり、順調に成長してくれそうな気配です。最近は給餌の手間を省くためイエコS(1cm前後)にサイズアップです。

ハッチ後3-5日でファーストシェッド、7日目あたりから頭を取ったフタホシの汁を舐めるようになり、10日目で初めての餌をピンセットから食べました。

その後は、フタホシSSを2匹程入れっぱなしにしていましたが、途中でコオロギを捕らえるのをあきらめてしまったりして、2日に1匹程度しか自力捕食は出来ていないようでいした。心配だったので、しばらくピンセットから食べさせたりしていましたが、2週間ほど経った頃にはハンティングも上達し毎日目の前で2-3匹は食べてくれるようになっています。

ずっと前に捕食下手だったクレスのベビーを、拒食させてしまい亡くしてしまったことがあるので、ベビーが餌を十分取れているかはとても心配です。

banded_knobtail_20121008_1
お腹もぷっくりしていて、まずまずの成長具合。仕事の帰りが遅くてもこの子達の世話だけは欠かさずやっています。霧吹き&給餌だけですが。

banded_knobtail_20121008_2
ちょっと暗くて顔が分かり難い写真ですが、取り敢えずいつも眠そうな表情です。自家繁殖のデュビアはなかなか食べてくれません。捕まえにくいのかもしれません。

banded_knobtail_20121008_3
タマオヤモリは基本的に攻撃性の低いヤモリですが、手を差し入れると強烈に威嚇し、ハンドリングしようとすると噛み付いてくる個体が稀にいます。見た目以上に顎の力が強いようで、噛まれるとかなり痛いそうです。うちは掃除の際は手で取ってケージを移したりしているので、もう慣れてくれたと思います。

banded_knobtail_20121008_4
うちの家内が唯一かわいいと言ってくれた爬虫類です。珍しく携帯で写真を撮っていました。
今の所1号、2号は体色で見分け可能だと思っています。1枚目、2枚目の写真が1号。少し濃い赤黒かかったピンク色です。3枚目、4枚目が2号で、明るいピンク色です。あとは尻尾の付け根のバンドの入り方も微妙に違います。

とうとう今日で三連休も終わりです。子供達と遊んで、遊んで、怒って、怒って、、、褒めたり、叱ったり、宥めたりとあっという間に過ぎてしまいました。生体を追加する予算も飼育余力もなかったので、とんぶりも見送りました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。