スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#20【国産オオクワ】山梨県敷島町産 2本目交換結果

今年はブリードを開始したのが遅かったので、世間ではもう3本目への交換が始まっている中、ようやく2本目への交換が終了しました。大型血統ではないですし、11月以降は22度前後で管理していたので、全体的に小ぶりな結果になりました。

ラベル:山梨県甲斐市敷島町産AB系統
種親♂:A系統 63.0mm
種親♀:B系統 45.0mm
11年8月21日 割出
11年9月6日  1本目 エスポイルBV
11年12月3日 2本目 エスポイルBV or PIT

■結果
♂3頭  最大22g 最小15g 平均18.6g
23g        
22g  ♂      
21g  
20g  
19g  ♂
15g  ♂

♀3頭  最大12g 最小9g 平均10.3g 
13g  
12g  ♀
11g  
10g  ♀
9g  ♀

敷島_20111203_1
直前までプリンカップ乗せて-1gを基準にしていたので、22gで記録しました。

10月中旬に交換した菌糸瓶も食痕の広がりが少し甘いので、11月から22度は少し低かったかもしれません。少し気が早いですが、来年は25~26度で2本目まで管理しようと思います。
スポンサーサイト

#16【国産オオクワ】兵庫県川西市産 PrinceOfKawanishi系統 2本目交換

久留米産に続き、川西産の菌糸瓶を交換しました。こちらは昨年30g幼虫、80mm弱の美形オオクワが誕生したPrince of Kawanishi X 森田Dゴールドのラインです。

ラベル:兵庫県川西市産 PoK血統
種親♂:Prince of Kawanishi 79G 77.7mm
種親♀:森田Dゴールド 51.0mm

HK_28g_111117

なかなかいい結果が出ました。昨年、2本目でも伸びた血統ですので、是非30gオーバーしてほしいですね。

■結果
♂4頭  最大28g 最小21g 平均25.3g
28g  ♂      
27g  ♂      
26g  
25g  
24g  
23g
22g  
21g  ♂
20g

♀3頭  最大15g 最小13g 平均13.6g
15g  ♀  
14g  
13g  ♀♀
12g
11g  
10g

川西は撤退しようと思っているのに、まずまずの結果が出るので、つい継続してしまいます。。。
でも来年はみやき町と久留米のラインをかなり増やすつもりですので、さすがに最後になってしまうかも。
ということで、ラストに相応しい個体が羽化するように気合い入れてブリードしたいと思います。

#15【国産オオクワ】福岡県久留米産A系統 2本目交換結果

久留米産オオクワガタの菌糸瓶7本を交換しました。オオクワガタFARMさんから幼虫で購入した期待の子たちです。8月23日に1本目ER800に投入していますので、およそ3か月での交換になります。

ラベル:福岡県久留米産A系統
種親♂:82.0mm
種親♀:51.0mm

1本目としてはやや低めの23~24度程度で管理していましたが、10月中旬以降は冷暖の波が激しく、ブリードルームのエアコンでは一定温度を保てませんでした。。。20度~27度で大きくブレて、幼虫及び菌糸に大きなストレスを与えてしまったと思います。

FK_25g_111117


今季久留米初経験ですが、確かに細長い幼虫が多い気がします。そして思ったより体重が乗ってきません(-_-;)
♂は25gアップを目標としましたが、達成したのは1頭のみ。ただ、まだ余力がありそうな幼虫が多いので、2本目ERに期待です。

一方、♀の方は13g~15gとまずまずの結果でした。

■結果
♂4頭  最大25g 最小21g 平均22.8g
28g        
27g        
26g  
25g  ♂
24g  ♂
23g
22g  
21g  ♂♂
20g

♀3頭  最大15g 最小13g 平均13.6g
15g  ♀  
14g  
13g  ♀♀
12g
11g  
10g

血統、餌は良いはずなので、環境としての温度管理が大きな課題です。
家庭用ルームエアコンだと、自動モードにしても、どうしても幅が出てしまうんですよね。

昨年は「幼虫」が一番活性化しそうな26~28度で管理したのですが、菌糸の劣化が早かったこと、早期羽化個体が出てしまったことから、今年は「菌糸」が一番良い状態を保てそうな温度ということで、少し低めの温度で引っ張ろうと思っています。

菌糸瓶も新聞広告で覆って遮光し、菌糸は昨シーズンより良い状態を保てていますが、幼虫の食痕の出方は弱いです。まだまだ試行錯誤ですね。

#13【国産オオクワ】佐賀県みやき町産C系統 2本目交換結果

佐賀県みやき町産C系統 2本目交換しました。

ラベル:佐賀県みやき町産C系統
種親♂:中原DNA 78.7mm (中原DNA79.1㎜×中原DNA50.2mm)
種親♀:中原DNA 50.3mm (中原DNA79.1㎜×ZERO SAGA50.0mm)

今回ほぼ3か月での交換。
20頭中3頭★になってしまいました。
これは孵化したてで投入したものが多かったせいだと思います。

20頭中5頭をERに投入し、かなり期待していたのですが、なんと、、、すべて♀(泣)
全体的にも♂6頭、♀11頭でしたので、若干片寄りが出てしまいました。

飼育温度は26度前後をキープしました。全体的にはまずまずの結果だったと思います。
中原DNAは2本目でも伸びてくれましたっけ?次の交換で30gアップが出てくれると嬉しいです。

■結果
♂  最大28g 最小22g 平均25g
28g  ♂      
27g        
26g  ♂
25g  ♂♂
24g  ♂
23g
22g  ♂
21g
20g下

♀  最大14g 最小11g 平均13g
15g  
14g  ♀♀♀♀
13g  ♀♀♀♀♀
12g
11g  ♀♀
10g下

♀がもう少し分散するかと思いましたが、13g~14gに集中しました。
気が早いですが、♂は無事に羽化まで行けば28gを種親にする予定です。1本目で平均的に30g程度出る血統にしていきたいと思います。

#5【国産オオクワ】2本目交換 佐賀県みやき町産C系統

佐賀県みやき町産C系統(中原DNA(ZERO SAGA25%))
SM11C01 : 7月16日 PIT800 → 10月11日 PIT1400 11g ♀(もしくは発育不全♂)
SM11C04 : 7月16日 PIT800 → 10月11日 PIT1400 25g ♂
SM11C07 : 7月16日 PIT800 → 10月11日 PIT1400 28g ♂
SM11C08 : 7月16日 PIT800 → 10月11日 PIT1400 22g ♂
SM11C09 : 7月16日 PIT800 → 10月11日 PIT1400 25g ♂

2本目への交換開始です。
今日PITを10ブロック詰めたので、本当は来週以降交換を始める予定でしたが、
食痕がだいぶ進んでいる瓶があり、5本だけ急遽先行して交換しました。
菌糸瓶はPIT1400の既製品です。

結果は♂22g~28g。
密かに30アップ期待していたのですが残念。ただ28gの幼虫は頭幅も広く期待できそうです。
中原DNAにZERO SAGAの血が25%入っているので体重は横に還元されてしまうかもしれませんが、長さもそれなりに欲しいので2本目で30gオーバー目指したいと思います!

11gは一応♀にしておきますが、妙に締まった体をしていたので発育不全の♂かもしれません。

中原DNA_SM11C07
SM11C07 佐賀県みやき町産(中原DNA(ZERO SAGA25%)) ♂28g

先日エアコンの設定を変えたのですが、
除湿モードにしたつもりが暖房になっていて、帰宅すると室温29度でした(T_T)
1日だけなので大丈夫とは思いますが、早期羽化個体が出ないことを祈ります。。。

7月上旬~ 9月中旬:25~27度
9月中旬~10月中旬:24~26度
10月中旬~11月中旬:22~24度
以降:20度前後

こんな感じの予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。