スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#6【国産オオクワ】2011年種親 山梨県敷島町産63mm

■山梨県甲斐市敷島町産 F6 
----------------------------------------------------------
管理ID:YS08A01  サイズ:63mm 頭幅:---
羽化日:2009年6月頃 入手:習クワさんから購入

63mmの小型♂ですが、F5の格好良さに惹かれて購入。今シーズンF7が初めて羽化。
2010年10月割出、2011年6月掘出の8ヶ月羽化でしたが、75mm程度の良型が出たので、血統の重要性を再認識させられました。来シーズンはこの子供F7を種親に累代していきたいと思います。

敷島09_1

敷島
スポンサーサイト

#3【国産オオクワ】2011年種親 中原DNA

■佐賀県みやき町産(旧中原町) 中原DNA F6 
----------------------------------------------------------
管理ID:SM09A01  サイズ:78.7mm 頭幅:未計測
羽化日:2010年7月頃 入手:N様から購入

昨年初めて購入した血統モノで思い入れのある♂です。
中原DNAとしては若干頭幅・顎幅が細い感じですが、菌糸瓶2本返しとのことで次世代に期待します。
今季2♀と掛け(どちらも中原DNA×ZERO SAGAのCB)、合計28頭の幼虫を育成中。

最近ようやく活性が上がってきたようなので、来季も種親として頑張ってもらう予定です。
来季は血の離れた中原DNA♀か、みやき町という括りで別産地の♀とクロスブリードしてみます。

中原DNA_SM09A01


中原DNA_SM09A01_2

#1【国産オオクワ】2011年ブリード計画

1.佐賀県みやき町産C系統
種親♂:中原DNA F6 78.7mm (from N様)
種親♀:中原DNA×ZERO SAGA CBF1 50.3mm (from N様)
幼虫数:20頭
計画 :中原DNAのインラインはキープしていきますが、アウトブリードの可能性を試してみる意味で、今後はみやき町という括りでクロスしてみたいと思います。中原DNAは高次元で完成された美形血統でアウトブリードはもったいないのですが、来年か再来年には北茂安や三根などで大型美形個体がいればクロスしてみるつもりです。

2.佐賀県みやき町産D系統
種親♂:中原DNA F6 78.7mm(from N様)
種親♀:中原DNA×ZERO SAGA CBF1 50.2mm (from N様)
幼虫数:9頭
計画 :C系統とは♀違い。♀は同腹兄弟です。

3.山梨県甲斐市敷島町産AB系統
種親♂:敷島A系統 F6 63.0mm (from 習クワ様)
種親♀:敷島B系統 F7 45.0mm (from 習クワ様)
幼虫数:14頭
計画 :A系統とB系統はF5が同一。大顎が発達し太く張出しの良い血統です。種親♂は63mmと小型ですが、今年羽化したF7第一陣はF5の形状をきちんと受け継いで、早期羽化でも75mm程度まで出ており、血統の重要性を再認識しました。

4.山梨県甲斐市敷島町産AN系統
種親♂:敷島A系統 F6 63.0mm(from 習クワ様)
種親♀:敷島N系統 F3 43.7mm (from DN様)
幼虫数:4頭
計画 :将来的に血を薄める為に習クワ血統とは別の敷島産若累代個体でアウトブリードしました。

5.福岡県久留米市産S系統
種親♂:銚子オオクワ系統 82.0mm
種親♀:銚子オオクワ系統 51.0mm
幼虫数:7頭(from オオクワガタFARM様)
計画 :初久留米系統。これまでどちらかと言うと美形に惹かれていたのですが、是非83mmとか85mmとか出したいと思い、今シーズンから久留米を始めてみました。銚子オオクワガタ倶楽部様系列の血統なので、元はマツノインセクト様の系統だと思います。幼虫7頭ですが、来期の種親も準備しましたので、これから力を入れていくつもりです。

6.兵庫県川西市産GGSP系統
種親♂:森田GゴールドSP 83.0mm
種親♀:森田GゴールドSP 53.0mm
幼虫数:3頭(from ジョージシン様)
計画 :森田様から直接購入の森田Gゴールド系統。久留米・みやき町に力を入れたいので来シーズンの累代は未定ですが、是非大型美形個体を羽化させたいです。

7.兵庫県川西市産Prince of Kawanishi 79G系統
種親♂:Prince of Kawanishi 79G 77.7mm
種親♀:森田Dゴールド82系統 51.0mm
幼虫数:6頭(from K's Dorcus Park様)
計画 :昨年79mmの美形個体が出てきたので今シーズンも継続。自己ブリラインは♀が産卵せず今シーズンも再度幼虫を購入。久留米・みやき町に力を入れたいので来シーズンの累代は未定です。

以上、7ライン63頭でスタートしています(来シーズンは熱帯魚やゲッコーに入れ込まなければ100~120頭まで増ややしたいと思います)。産卵セットの準備が遅かったため、2本目は10月中旬~下旬に順次交換。

他にセブンオークス系北峰産ホペイ2ラインと、インドアンテ(シッキム州ガントク産)を細々と累代中。

中原DNA_SM09A01
中原DNA F6 78.7mm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。